So-net無料ブログ作成

六年の秋、最終クラス決定 [クラスアップは、簡単じゃない]

 一番下のクラスからスタートした花蓮は、小学四年生で、1つクラスがアップ。喜んでいたら、すぐさがりました。クラスダウンは、こたえますよね。ほんとうに。
 ダウンもさることながら、通っている日能研で、「花蓮は最下位のクラス」。この事実がなにより、わたしにとってこたえました。

 カリテや公開模試(当時はセンター模試)のたびに発表される席順がだんだんあがって、安定して、成績優秀者にわたされるノートをもらうことが多くなって…………。やっと、もう一度あがる。そんな具合に、花蓮のクラスアップは時間がかかりました。
 六年生で最終クラスが決定したときは、2つアップして、下から3つめのクラス(そう、下から数えたほうが早いのです)。総合偏差値50にちょっとだけ届かないクラスにいました。
 最終クラスというのは、文字どおり、最後に発表されるクラスで、以後、原則としてクラスダウンはありません。「テストの成績によっては、アップもダウンもありうる」ということだったけれど、知るかぎりにおいてですが、花蓮の校舎では結局、なかったと思いますね。
 決定する時期は、花蓮が通った校舎は9月末。だたし、日能研の各校舎によっても違うらしく、夏休みが終わる8月末発表、9月からスタートするケースが多いようです。いずれにせよ、最後の夏、六年の夏の過ごし方が大きく影響し、この最終クラスのまま、入試へ突入していきます。

 六年生になったら、「どのクラスか」よりも「子どもが本気かどうか」のほうが大きい、と言われますよね。そう、わたしも思います。しかし、花蓮は最終クラスが決まっても、まだ本気ではなかった。
 前年度のクラス別合格実績表で、下から3つめのクラスはどんな学校に合格者をだしているのか。手もとの資料を見ながら、入試までの残り時間を考えると、エエーイッと腹をくくるしかない。
 重かったです、最終クラスの決定は。

 

[かわいい]ブログ情報サイト「にほんブログ村」で
日能研ブログのランキングに参加しています。
記事をご覧になって、「よかった」とお感じになったら
下のマークをクリックしてください。よろしくお願いします。 

                   [右斜め下]

                 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
                にほんブログ村

 

 

 にほんブログ村 受験ブログへ   ← こちらにも、参加しています。 
にほんブログ村

 


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

カリテ1回を捨てる「カリテ対策」 [クラスアップは、簡単じゃない]

 クラスアップをめざし、花蓮と私がたてたテスト対策の柱は、2つ。
 ①カリキュラムテストは、「国・算」重視
 ②公開模試は、「社・理」重視

 花蓮の場合、とにかく苦手な算数を引っぱりあげないことにはどうにもならないので、カリテ直前、得意の国語は漢字のみ。
 算数は、テスト範囲のなかで、今、クリアしておくべきレベルの問題(花蓮は基礎レベル)を確実に解けるよう、時間をつくりました。ポイントは、テスト範囲が2週間のとき、最初の週の内容に時間をかけること。花蓮は、今週習った内容はけっこう覚えているけれど、前の週に習ったことはすっかり、忘れてしまってたんですね。ホント、きれいさっぱり…………。
 スケジュールがきつくても、この算数の時間はつくる。最悪、当日の朝、早起きしてでも、つくる。「カリテ前のこの1題」も利用しましたが、花蓮が基礎レベルだったせいか、『栄冠への道』のほうが効果がありました。
 週末のカリテで、国語は漢字の満点、算数は基礎問題の満点をめざす。よく言われることですが、やはりこれは大事なことだと思います。

 ちなみに、理科と社会は、宿題の基礎問題を2回やるだけで確実に違ってきます。でも、なかなか、その時間がとれない。それどころか、体力的に無理がきかない花蓮は、ハードな日能研のスケジュールについていけず、よく体調をくずしてダウンしました。カリテは近づいてくるのに、宿題は山積み。おまけに授業を休んでいるから、理解できないし、時間もかかる…………。
 そんなときも「国・算」にしぼり、カリテ1回分は捨てました。「捨てる」という表現に問題があるなら、「リセットする」といいかえましょうか。今週末のカリテは最下位でもいい。そう、わりきる。そして体調を整えて、次の週からスタートする授業を真剣に聞き、直後のふりかえりと宿題をしっかりやる。もちろん次のカリテは、絶対に1位をとる、という気持ちで取り組みました。(実際にとれるかどうかではなく、その心構え、気迫が大切なのです!)

 当然、前の週の宿題ができていませんよね。いいのです。かろうじて受けたカリテを、その日にできる限りふりかえったら、それでOK。あとは、きっぱり忘れるために、親が一筆、教科担当宛に、宿題ができなかったことをその理由とともに、ノートに書いてハンコを押しましょう。塾に電話を入れて、学年担当やクラス担当の先生にも、その旨伝えることを忘れずに。
 そもそもカリテは、宿題が終わっているという前提で実施されています。受けた後で、その範囲の宿題をやるということは、動いている昇りのエスカレーターにのっているのに、忘れものを取りに、下の階へ駆けおりるようなもの。次のカリテに向けての時間が惜しい。理科と社会に関しては、六年の夏に始まるメモリーチェックという挽回のチャンスもあります。

 

[かわいい]ブログ情報サイト「にほんブログ村」で
日能研ブログのランキングに参加しています。
記事をご覧になって、「よかった」とお感じになったら
下のマークをクリックしてください。よろしくお願いします。

                     [右斜め下]       

                       にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
                   にほんブログ村

       

にほんブログ村 受験ブログへ    ← こちらにも、参加しています。

にほんブログ村      


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

1点を拾う「公開模試」対策 [クラスアップは、簡単じゃない]

  カリテは「国・算」重視の花蓮と私も、公開模試直前は「社・理」重視に変身。1点を拾おうとやっていた方法をご紹介します。
  まず発表されているテスト範囲を確認して、社会と理科の①カリテの問題、②解答と解説、③プリントアウトした採点済みの答案用紙を用意。直近の模試対策には、塾で配布される4科一覧のカリテ成績表より、答案用紙のほうが時間短縮できるので効率的。この答案用紙の×とレの欄のみ、チェックしていきます。
  正答率の数字とにらめっこしながら、花蓮の場合、理科は「まさか、落としていないよね」と祈りながら、80%以上からチェック。花蓮は分野によってムラがあったので、このラインからとりかかる必要がありました。あとは時間が許す限り、50~60%以上のものを、社会は比較的得意だったので、30~40%以上をチェックしました。

  きっとみなさん、こうしたチェックをやっていらっしゃると思うのですが、公開模試で1点を拾う、1つめのポイントは、子どもにあった優先順位を、模試1回ごとにみつけることだと思います。
  社会と理科の、いわゆる暗記分野を優先せるのは当然のこととして、どちらからとりかかるか。理科の物理や化学の分野は、苦手でも、基本的な公式は確認して絶対に覚える。社会では、まず漢字表記のミスや、たとえ〇をもらっていても平仮名で答えた問題を最優先させて、必ず正しく書けるようにする。そして、花蓮の「理科の力学」のように、不得意科目の不得意分野は時間がかかるので、他から手をつける…………等々。

  2つめのポイントは、なんとか時間をつくりだすことだと思います。高学年になるほど難しくなってはくるけれど、テスト結果が発表になってから後悔するより、猛スピードでもいい、1科目10分でもいいから、「カリテの答案」にあたることです。風邪などでダウンして、やむをえず「捨てたカリテ」も、暗記分野はできるだけここで拾いたい。ハッキリ言って、一夜漬けですが、一夜漬けでもいい。1点が拾えれば。それに、一夜漬けを2回、3回とやるうちに、暗記分野はけっこう、できあがってくる!

  3つめのポイントは、前日の夕方以降はやらないこと。ものすごい勢いで、間違った問題ばかりを攻めるわけですから、花蓮はすごく疲れるらしく、また、不安になる前に、早めにきりあげます。
  そして4つめ、最後のポイントが、当然のことながら、早く寝ること。このあたりまえのことが、花蓮はなかなかできなかった。前日の夜、お風呂に入って、髪を洗ったりして、お湯につかって…………とやってるうちに、あぁ、1時間! ポカミス連発で、沈んだ模試もありました。

  五年生まではこんな方法で点数が拾えたのですが、六年生になると、公開模試の範囲は「習った内容すべて」みたいになってきますよね。そして誰もが、社会と理科の、確実に出題される分野に注目し、手堅く点をとろうとしてくるわけですが、国語の語句も即、得点アップにつながりました。
  六年の本科テキストの後ろに、付録のようについている「資料 国語の力『完成』シリーズ」。これが使えます。三字熟語・四字熟語、ことわざ、同音異義語など各項目にわかれている見開きページと、最後の「七章 頻出語句」をあわせて利用。とくにチェック形式になっている七章は手っとり早く、くりかえしおさらいできて便利でした。
  ただし、語句分野のテスト範囲すべてに、目を通そうとすると、けっこう数があった。そこで、次回の公開模試の範囲が発表になるとすぐに、1日何問やればいいかをわりだして、毎朝、食事をとりながら、花蓮と私はクイズみたいにやっていました。時間が、なかった。ほんとうに。

 

[かわいい]ブログ情報サイト「にほんブログ村」で
日能研ブログのランキングに参加しています。
記事をご覧になって、「よかった」とお感じになったら
下のマークをクリックしてください。よろしくお願いします。

                 [右斜め下]

                 にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
                 にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ  ← こちらにも、参加しています。 
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

あると、使える。    第2位 [知らなかった中学受験必需品]

 すでに、お持ちの方もいらっしゃることと思います。この手の本を、私も本屋さんで目にしたことはありました。でも塾の国語の授業で、語彙力強化のための副読本『語句のたしなみ』を使っていたし、範囲を区切った小テストもやっていたし、花蓮はけっこう国語得意だし、わざわざ買う必要はないんじゃないか、とほうっておいたんです。ところが、六年生の公開模試では、必ず語句分野の出題がある。知らなければ0点。知っていれば、それだけで何点かの得点アップ。やはり、あったほうがいいと思い、六年の夏休み直前に買いました。

 

ちびまる子ちゃんの 四字熟語教室 ことば遊び新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

ちびまる子ちゃんの 四字熟語教室 ことば遊び新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

  • 作者: 川嶋 優
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2001/06/29
  • メディア: 単行本

ちびまる子ちゃんの ことわざ教室 ことば遊び新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

ちびまる子ちゃんの ことわざ教室 ことば遊び新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2000/10/20
  • メディア: 単行本

 

  クレヨンしんちゃん他、いろいろ出版されていますが、うちでは、ちびまる子ちゃんの『満点ゲットシリーズ』のなかから何冊か。もちろん、このまるちゃんシリーズで、すべての用が足りるというわけではありません。でも花蓮によれば、『語句のたしなみ』もいいけれど、まるちゃんや友蔵じいさんがでてくるとホワッとなごんで、四字熟語やことわざの世界も、とっつきやすくなるということでした。

 

満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの続四字熟語教室

満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの続四字熟語教室

  • 作者: 川嶋 優
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2012/03/26
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

 

ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室 (満点ゲットシリーズ)

ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室 (満点ゲットシリーズ)

  • 作者: 時田 昌瑞
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2008/07/25
  • メディア: 単行本

 

   内容はしっかりしています。辞書的な意味をおさえ、使い方は小学生が感情移入しやすいような例を使って解説されています。プラス漫画による、まるちゃん的説明や展開、オチがあって、クスッと笑える。応用編ともいえる「ことば遊び新聞」や、中学入試によく出題される重要度順に星1つから3つまで印がついている点も便利。たとえば「異口同音」は、カリテだったか公開だったかテストでもでましたが、これは星3つ(★★★)。異口同音を異同音と間違えないようにと書かれた「注意」という項目や、よく似たことばをとりあげた「参考」や「類」をいう項目もあり、よくわかる、ていねいな作りだと思います。

 

ちびまる子ちゃんの慣用句教室 慣用句新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

ちびまる子ちゃんの慣用句教室 慣用句新聞入り (満点ゲットシリーズ/ちびまる子ちゃん)

  • 作者: 川嶋 優
  • 出版社/メーカー: 集英社
  • 発売日: 2002/10/25
  • メディア: 単行本

 

   同じ小学校の同級生で、別の大手進学塾に通ってた、よくできるS君は四年生のころから、このまるちゃんの『満点ゲットシリーズ』を読んでいたそうです。花蓮から話を聞いて、ふ~ん、そうだったのかぁと、しばし後悔したことを覚えています。
  もっと早く買えばよかったという後悔はあっても、買ったこと自体に対する後悔はありません。最後まで、公開模試は毎回、語句分野からの出題がありましたし、なにより六年の夏休みは、ほんとうにやること盛りだくさんで、休憩時間も惜しかった。でも、休憩をとらないわけにはいきませんよね。そこで、息抜きと気分転換を兼ねて、花蓮は休憩に、このまるちゃんの語句シリーズを活用。今、話を聞くとやっぱり勉強本だから、完全な気分転換にはならなかったらしいのですが、入試直前まで休憩時間はこれで押しきってしまいました。結果的には、一石二鳥だったと思っています。

*塾では、ことわざ、四字熟語、慣用句の順に勉強します。 これが取り組みやすい順番だということでしょう。お子さんが、三、四年生の場合は、この順番に取り組むと、語句の世界に入っていきやすいと思います。 また、古めかしい言葉や、なじみのない表現が多いので、最初はぜひ、いっしょに読んであげてください。 続編はあとからで充分です。

 

 

 [かわいい]ブログ情報サイト「にほんブログ村」で
日能研ブログのランキングに参加しています。
記事をご覧になって、「よかった」とお感じになったら
下のマークをクリックしてください。よろしくお願いします。

               [右斜め下]

                      にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ
                      にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ    ←こちらにも参加しています。
にほんブログ村


コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:学校

毎日の『計算』がめざすもの [算数の成績をあげたい]

   学年ごとにレベルアップする『計算と漢字』。六年生の『計算』は、A:四則計算、B:単位換算、C:逆算、DとEは一行題(D:一般的な文章題、E:図形)で構成され、各1題ずつワンセットで、毎日4~5題を解いていきます。最後の冬期講習会のテキスト『合格力ファイナル』にも、「計算と一行題」のページがあり、囗1から囗39まで、やっぱり5題ずつ(単位換算はありませんが)。39と半端な数字は、冬期講習会初日から入試前日(1月31日)までが39日間だったから。「毎日、欠かさずやりましょう」という無言のメッセージです。

  前に書いたように、六年生になってから『計算』を、毎朝やることになった花蓮は、追いこみの時期に入ると、「+α の計算特訓」が効いて(別のテーマでとりあげる予定です)、7分を切ることが多くなっていきました。難しい問題は後にまわし、やさしそうなもの、自分が確実にできるものから取り組んで。しかも7分で時間が足りないときは、あと何分必要か、花蓮自身がわかるようになっていったのです。「あと1分ほしい」とか、「もうあと2分」とか、「もういい。すぐ終わるから」と。
  四年生からほぼ毎日やってきた『計算と漢字』。その『計算』は、どこにたどりつくのか、ずっとわからなかった。なぜ、毎日やらなきゃいけないのか、よくわかっていなかったのですが────遅ればせながら、花蓮も私も、あのときやっと理解したのでした。
  六年の毎日の『計算』は、入試問題の算数の最初にでてくる、計算と一行題の縮小版標準バージョンであることを。

  四年生のときは、計算のきまりを覚え、四則計算を正確に解くことが大切でした。そして毎日、取り組むこと。五年生では、単位換算に手こずりました(マスターしておくと、六年の公開模試のロ1で確実に点数が拾えます)。そして六年生になったら、入試本番と同じように、時間の枠をしっかり意識して取り組む。四年、五年と積みあげてきたものを、六年の一年間をかけて仕上げにかかり、入試前日まで磨きあげる。そして、本番へとつなげる。志望校でも、気になる学校でもいい。中学受験用過去問の赤本を手にとって、算数の問題の出だしをご覧になってみてください。毎日の『計算』の到達点は、そこにある。

  本番が迫ってやっと理解した、毎日の『計算』の狙いと効果。それは第一に、正確さとスピード。その両方をあわせもつ計算力を身につけること。第二に、初めて見る問題の難易度を見極めて、そのうえで時間配分に対する感覚を磨くこと。初見の5問のうち、瞬時にどれから解くか、どのくらい時間がかけられるかを判断。7分という短い時間ながら、限られた時間をどう有効に使って、得点に結びつけるか────入試本番に直結する課題に、花蓮は六年のとき、毎日取り組んでいたのだと思います。

  学年やステージがあがるたびに、算数の苦手な花蓮は、授業についていくのが精一杯ということもありました。でも、『計算』だけは休まず、ほぼ毎日やりとおしたことで、前に間違った問題もできるようになり、(応用力は別として)算数の基礎的な力を身につけることができました。
  1日くらい、休んでも…………。
  わかります。その気持ちは、よくわかります。でも、ダメです。絶対に毎日の『計算』を休むと──── 「スピード、落ちた!」と、花蓮自身がそのダメージを痛感。だから、毎日、休まずやりました。

 

 

[かわいい]ブログ情報サイト「にほんブログ村」で
中学受験ブログのランキングに参加しています。
記事をご覧になって、「よかった」とお感じになったら
下のマークをクリックしてください。よろしくお願いします。

               [右斜め下]

                       にほんブログ村 受験ブログへ
                       にほんブログ村

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(日能研)へ   ←こちらにも参加しています。
にほんブログ村


ようこそ!

 

中学受験を終了されて、いろんな感想を綴ったコメントを送ってくださって、ありがとうございました。

お返事を書きました。
今は、おたよりのページの整理が追いつかない状態ですが、少し時間をかけて、また、「風は、うたう」のページにまとめていこうと思っています。

今日も、来てくださって
ありがとう。

                      <2012年 中学受験体験記>

[かわいい]ゆのさんへ [かわいい]輝ママさんへ 
[かわいい]さくらさんへ [かわいい]アルゴさんへ 
[かわいい]みどりいろさんへ [かわいい]chanchanさんへ

[かわいい]そして最後まであきらめないで
走り抜けたみなさんへ


長い長い間、ほんとうにお疲れさまでした。
親子で走り続けることって、いいときばかりではなくて、むしろ辛いときや、投げ出したくなるときのほうが多い。それが中学受験を終えたときの、私の率直な感想でした。
でも、それを最後までやりとおしたことって、すごいことなんですよ。─── そして走り続けた、おひとりおひとりの日々を思うと、ほんとうによくやってこられたと思います。

決して、結果ではない。後悔しないこと─── それが一番大切だと、私は思っています。だって、それが生きるということじゃないですか。


その大切さを伝えたくて、あえて「全落ち」という言葉を使って、今回の記事は書きました。後悔しない日々の先にこそ、必ず道は開けてくる。たとえ、いま涙を流そうとも、たとえ少し時間がかかったとしても………。 必ず道は開けると、私は信じています。

わが子の居場所が感じられる学校に進学された方も、また合否にとらわれずに、最後までお子さん自身の意志を尊重された方も、みなさんの手のなかには、その結果以上のものが、わが子との間に確かにあると感じていらっしゃるのではないでしょうか。

そして中学受験、道半ばのみなさん、どうか今日一日を大切に。
わが子との一瞬一瞬を大切に、過ごしていってください!

                      <2012年 中学受験体験記>

[かわいい]さくらさんへ
このブログを読んでくださるみなさんへ

さくらさん、このブログが心の支えだったと言ってくださって、こんなに嬉しいことはありませんでした。
わたしのほうこそ、ありがとう!

去年、中学受験を闘った私自身、正直、辛いことが多かった。
受験ですから、競争ですから、それにママ友をつくるのがあまりうまくない私にとって、試行錯誤の日々でした。

ひどく孤独ななかで感じたり、考えたり、また見つけた方法を、できるだけ多くの中学受験をするお母さん方に知ってほしいと思って綴りました。


ひどくムラのある投稿にもかかわらず、
アクセス解析をみると、深夜でも、早朝でも、どの時間帯も、いつも、何人もの方が必ず読んでくださっているということが、
このブログを書き続ける、私の心の支えでした。
心から感謝しています。ありがとう。

                      <2012年 中学受験体験記>

 コメントのお返事について

お便りのお返事のページが、「あなたに エールをおくる」のなかにあります。
最初、お返事はいつも、トップページに掲載し、そのあと、消してしまわずに、お便りのページに移動します。このブログを読んでくださっている、みなさんに向けたメッセージでもあるので。
タイトルは「風は、うたう」────いつでも、どうぞ、訪ねてみてください。

                      <2012年 中学受験体験記>

  風のように

さわやかに吹く風のようでありたい。
ブログデザインのイメージ「草原の風」は、私のテーマのひとつです。

                      <2012年 中学受験体験記>